5月  <月主題> 動く

月目標:

 ・聖書のお話にふれ、イエス様に親しみを覚える。

 ・自分の好きな遊びや場所が見つかる。

 ・花や虫などを身近に感じ、心動かしたり、かかわろうとする。

 ・自分の気持ちを身近な人に気づいてもらって過ごす。 

 

新緑の美しい頃となりました。初春の植物の芽吹きに始まり、今、お日様に照らされる輝きのある葉っぱ、薫風に揺れるなだらかな動き、雨によるさらなる成長と広がる躍動感。そのどれもが神様からの「命の息」のおかげです。新入、入園より1ヶ月が経とうとしています。ボツボツ園生活に慣れ、スムーズに日々が過ごせるようになってくるこの頃のゴールデンウィークは、心がホッと落ち着く時が与えられると同時に、せっかく少し慣れてきたのに、またもどらないかな?と思ってしまう私たちにとっては微妙な時期になります。でも、今年の花組さんの多くはこの場に慣れているのか、当園のみではなく他園との情報交換の中でも、とにかく3歳児が落ち着いているという年回りのようです。それぞれの子ども達の生活環境が異なるのに、年回り?で捉える時、私たちは1年間のカリキュラムの中でその様子を受けて、しっかり日々の教育・保育をなし得ていかねばと考えています。

 さて、神様の業を感じながらの日々が始まっています。そのことの場を一つ捉えてみても、子ども達はしっかり心を体を動かしているのですね。桜の後の実、緑から赤に変化していること、拾ってチェリーケーキを作るとか。ミミズ、晴天の中で干からびたのを見つけていのちの息がなくなっていることに気づき、かわいそうと思いつつ土の中へ。お散歩を通して、京都以外から来られている方々と触れ、日本を世界を感じて質問に答えたり、また神様の天地創造で水と土に分けられた水中の生き物にも触れ、いのちをつなぐ餌を上げて、自分がしてあげたいことをする喜びを感じたり、お母さんが作ってくださるお料理にも気持ちを広げたりと子ども達が織りなす行動を一つ一つ通して、その心が伝わってきます。また大人がそのことをどのように受けるのか、またどのような投げかけをするのかにより、子ども達の心や体が動いてきます。今般、小学校で「道徳」が教科に導入されました。とても難しいですね。小学校では既に様々な個々の価値観が固定しているでしょう。先生の評価は文言でとあります。確固とした答えのない中での取り組みを慮ります。が、この幼児期に見えないものを信じるところから人への信頼・感謝が生まれ、その心が全ての道徳に繋がるのではないかと考えます。初めての集団の経験を通して、自分で感あげられる、判断できる価値観を培ってあげられればと思います。

4月 <月主題 > 包まれて

月目標: ① 神様の愛に包まれていることを感じながら過ごす。。

     ② 新入児も進級児も不安や張り切りを受け入れられて、新しい生活

      を始める。

     ③ 保育者と保護者の信頼の中で安心して育つ。

 

ご入園・ご進級おめでとうございます。今年の桜ほど長く、愛でることができた年も珍しいのではないかと思います。いま、大木も、小さな木もみんな みんな新しい命の芽吹きでピカピカの葉っぱを育んでいます。「いのち」の大切さとそれへの感謝が何よりも基本であると考えます。

 私たちも、今同じスタートの時を持っています。新しいお友達、保護者の方々を迎え2018年度が始まりました。進級した子ども達は後輩たちをどのように迎えようかと心待ちにしていました。そして、今年度のお終いまでの私たちが目指す子ども達の姿を «イエスさまと共に生きる≫〜愛のまじわりの中で〜 と定めました。この大きな目標の中で、各クラスが連携を持ちながら、それぞれの学期の目標(月・週・日々)で、子ども達にどのように沿っていくのかを計画し、また日々の子ども達の姿を臨機応変に捉えて、その計画を微調整しながら前に進めていきたいと考えております。 

 既にご理解頂いていると思いますが、当園はキリスト教の教えを基本とし、ご家庭との連携を大切にしながら一人一人に心を 手を添えたいと考えています。幼稚園型認定こども園になっても、この考えを揺るがすことなく、今年度の目標を心しながら、また保護者の皆様のご協力をえながら、過ごせますようよろしくお願い申し上げます。

 この4月はまず、お祈りを通して神様の存在を意識していきます。それを教職員が感じることと、保護者の方にご理解いただくことから子ども達と共有していけることと思います。また、この4月は入園・進級の時を通して、不安を感じながらも、特に緑組の子ども達は、自分の存在をどのように表出させようかと考えているに違いありません。自分が入園した時のことを思い出しながら、張り切って小さいお友達に関わることで、まずはその意識の芽生えを持ちます。自分の思いと受け入れの困難さでちょっと後ずさりするかもしれませんが、そんな時の助けが教員の役目でもあります。子ども達の中には、まだどのように接して良いのか把握できない場合があるからです。そんな時愛を持って受け入れることがどのようにすれば良いのか、自分と違う、また小さいお友達を受け入れるための心得を把握していくことにもなります。この園での大切な縦の関係の紡ぎの始めです。そしていつも保護者の方々との信頼関係があることが何よりも大切と考えています。ことあるごとに、またHPでもいろいろお伝えしていきたいと思います。どうぞよろしくお願い申し上げます。

3月 < 希望 >

月主題:希望             

月目標: ① これからもイエス様と共に歩みたいと願う。

     ② 友達と信頼し合い、楽しさを共感し喜ぶ。

     ③ お互いの成長を喜び、新しい生活に期待をもつ。

 

毎日、天気予報を聞きながら、寒さチェックをしておられるのではないでしょうか。暖かいと思っていても一日の中での気温の変化には油断大敵です。3学期、いえ今年度もあと残すところ2週間ほどしかありません。お休みなく元気に過ごして、楽しい毎日を惜しみなく過ごして欲しいと思います。

 さて、「春のつどい」が無事終了し、子どもたちのこの1年間の、あるいはここに入園していただいてからの大きな歩みを観ていただけたでしょうか。一つ一つの行事を通して毎回感じ、思うことは、「子どもたちの持つ力の素晴らしさ」です。この時に至るまで(特に緑組にとって)の紆余曲折ある子どもたちの心の動き、成長を察知しつつ、ご家庭でも押したり、引いたりしながらここまで来てくださったのだと思います。子ども達なりにこの年齢で、楽しみのみではなく、悩み、心打たれ、お友達とのいざこざも含めて、泣き、笑いの経験を沢山してきたことでしょう。大切な経験です。人と関わることの大切さをこの時期にしっかりと学び、自分と違う人がいることをこの幼児期にしっかり捉えられる経験こそ、人生の基礎になる重要なことの一つだと考えています。お友達との関わりの中で、考えること。それは、表に出る人ばかりではなく、それぞれが頂いている神様からの賜物が何であるのかを自覚し、この集団の中で生かされなければなりません。表と裏。それはいつも両面があって双方が生かされているからだと思います。何かを表現しようとすれば、それについて必ずや守り導いて下さっている人がいることを忘れてはなりません。子ども達には、なかなか分かり辛いことかもしれません。大人はそれに気づいて感謝しなければなりません。自分一人が頑張るからできる、しかしそれが当たり前となって自分が第一と思ってしまってはならないのです。お互い信頼をしながら、相手を生かし、ともに喜び楽しむこと。そんなことがこの幼児期から少しずつ養われていって欲しいと思っています。共に行うこと。それは、これからの将来に向けて、しっかり協調性を育み、どちらが先に出る、出ないことも含めて、相手に感謝することを心に刻んで欲しいと思います。緑組は、7校に分かれての進学です。どこに行っても、どこに居ても神様とお話ししてみたいなあと思える心を忘れずに過ごすなら、そしてどこででもお祈りができるから、神様とのお話を楽しみ、お導きに感謝できるでしょう。胸を張って小学校へ入学して下さい。「みんながいて私(僕)もいる」。一つの物・事を360度から見てみようと思い、そこで何かを感じ、自分の居る事を感謝し、これからも続く道に神様のお守りをお願いいたしましょう。一人一人の希望が大きく膨らむように。大きくなることを自覚して!  ご卒園、ご進級おめでとうございます。一年間のご理解ご協力に深く感謝申し上げます。

2月 <月主題> 育ちあう

月目標:

① 神様に愛されている者同士として、互いに認め合う。

 ② 自分や友だちの得意なことや好きなこと、苦手なことがわかり、受け入れる。

 ③ 提案したり譲り合ったりしながら共に生活する。

 

 1月の厳しい寒波も一段落でしょうか。長期予報では2月もなかなか寒さの厳しい日が続くとのこと。自然の様々な変化は、人間にとって幸でも不幸でもあります。節分を迎える時は、何しろ不思議と寒さが厳しくなるのですね。また南岸低気圧がやってくるとのこと。皆さまお気をつけください。インフルエンザ等の罹患からも身を守り、できるだけ休まず登園してくださいね。

 さて、今年度も10ヶ月が過ぎました。ご家庭からのご協力を得ながら、子どもたちの日々を見つめてまいりました。一人一人の成長は保護者の方々の想いと合致しているかな? 私たちの幼稚園には、見えないところからの守りを得て、それぞれの命の誕生と共に、成長という素晴らしい心身共の弛まぬ見守り、支えがあるのです。そして、本人の努力も見て取れます。子どもの成長を考えた時、どこまで遡って確認しようと思うのでしょうか。赤ちゃんまで戻ればもちろん誰もが成長したと確信できますね。幼稚園の入園時? 昨年からの一年? 一週間前? あるいは一つのことを見つめた時に、「できるようになった!」と目に見える事柄にその確信をえるのでしょうか。幼稚園という集団でお子さん方をお預かりさせていただいていること、それは、目に見える時も、見えない心の中の成長も大切で重要なことですね。この時期、それぞれのクラスでは、お友達の存在の大切さを知り、そのお友達が何を欲しているのかもわかり、言葉で、態度でそのお友達を受け入れようとするのです。それは、神様からいただいた命に始まり、一人一人をそれぞれに成長しようとする力を後押しし、子ども達自身も様々な経験や見よう見まねで先輩から学び、自身、切磋琢磨して自分磨きをするからなのですね。そんな風に思い、気づいた時、子ども達は確かに守られている、平和で、幸せなんだなあとしみじみ思うのです。神様は自分だけのものではありません。世界中の老若男女を見守り、小さき者から大人にも目を向けて下さっているのです。しかし、私たちが過ごしている毎日の平和、感謝、希望等々がなかなか行き届かないところがこんなにあるなんて、本当に悲しいし私たちの幸せを心より感謝したいものです。あと、31日(33日)で離れゆく子どもたちが、将来を見据えて、自分には何ができるのかな、何をしようかな、神様から頂いた大切なご自分の力を生かして、世界平和、感謝を心に留められる働きを担ってくれることを望みます。様々な分野で自分を生かせて下さいね。その歩く道で普通に意見を交わし、受け入れられる状態であってほしいと願います。毎日の育ちに感謝しながら。    

1月 月主題 <守られて>

月目標: ① 神様が見守り、導いて下さることを知る。

     ② 繰り返し取り組みことで原因を見つけたり、コツを掴んだりする。

     ③ 健康に過ごす為の生活習慣を身につける。

 

 あけましておめでとうございます。今年は戌年。人はよく「ワンダフルな年になるように」と言います。今の時代、どんなことがそれぞれの素晴らしいことに繋がるのでしょうか。私たちの在るこの幼稚園は、日々神様に守られ、見えなくても子ども達は真剣に手を合わせて祈ります。ここに入園して頂いてからというもの、少なくとも1日に2回は手を合わすのですよね。昼食が入れば3回。そして、各ご家庭で寝る前にお祈りをしている子ども達のことを思うと、こんなに「祈る」ことをしていることが「wonderful!」ですね。いつも、どんな時にも私たちのそばには神様がおいで下さるということ。手を合わせていなくても「ありがとう」「ごめんなさい」「お友達をお守り下さい」「◯◯ちゃんのご病気が早く良くなりますように」といろいろな時に人やもののことを考えて祈ることは、既に心の中には神様がおいでになるのでしょう。Wonderful! なのです。知らず知らずに神様の存在を覚え、守って下さっていることを知り、導いて下さっていることにハッと気づく。wonderful!の他なにものでもありません。きっと、wonderfulは勝手にやってくるのではないのでしょうね。何かに出会う、誰かと出会う、そんなことを喜んで自ら行ってみることが、wonderfulに繋がるのではないかと思います。さあ、今年も、子ども達が自ら楽しいと思える遊びを見つけ、取り組み、何度も 何度も試しては自分のものにしていく,今まで出会ったこともないwonderfulなことに出会うかもしれません。あるいは、何度繰り返しても自分の思うようにならないかもしれません。子ども達の遊びの繰り返しの中のその所業は、研究をすることに似ていると、ある研修会での先生がおっしゃっていました。確かに!子ども達の取り組みは常に挑戦があり、新しいものに出会えるというwonderfulな営みがあるのですね。先日のニュースで、男子の将来の第一の夢は科学者とか、女子の夢は食べ物屋さんだとか。幼稚園、保育園の先生は第3位になっていました。世の中の流れで、大人がどんなことに注目されるのか、またそれをwonderfulと思う子ども達の憧れは、その都度変化していくのでしょう。スポーツもサッカーからラグビーが上向いているとか。様々なことを目指したい子ども達の夢は大きく、広くあってほしいと願いますが、大人の役としては、しっかりと我が子を見つめて、大人の道を歩かせ過ぎないことではないかと思います。大切な価値観を持ちつつも、各々の子ども達に宿る力がwonderfulに働くために、非認知能力が十二分に養えることを望みます。その為にはまず健康!ですね。自身で気を付けることも大切ですね。どうぞ平和な wonderfulな年でありますように。

12月 月主題<賛美>

月目標: ① クリスマスの意味を知り、楽しみに待ち祝う。

     ② 心を合わせて喜びや感謝を表現する。

     ③ 社会や世界の出来事に関心を持ち、自分たちのできることを考える。

 

 今秋の紅葉には長く大いに楽しませてもらい、久々に心ゆくまでの「秋」に癒された気持ちです。皆様の紅葉狩りはいかがでしたか。色とりどりに色があるということに心の豊かさを感じます。子ども達にとっての色は、その感性を磨き、色合いを工夫し、自分の心を表現し、個性を生かすことにも繋がったりします。何といっても神さまが創造された素晴らしいこの自然は、人間が真似のできない、(いえ、人間が研究を重ねて、似せて作り上げることはできますが)気温・風・形等の自然の営みを得て変化していくその様に、私たちは感激し、感嘆の声を上げ、自然を愛でるのですね。そんな大自然の色・形・を大切にしたいということの一つに、私たちの幼稚園では制服を取り入れていません。ご両親・ご自分の気に入ったもので表現し喜び、感謝し、大切にすることを覚えて欲しいものですね。(一方、気に入らない時には我慢も)幼い時の一つ一つの「ありがとう」や「我慢」が子ども達の心を育み、喜びを感じ、幸せを心に留めて、自分自身の生き方を学んでいくことでしょう。日々の心の綾を通して、今度は幼稚園の場にあっての表現が「感謝」や「譲る」ことに変わり、愛という思いやりをもって大切なクリスマスをお迎えすることになるのです。献金礼拝の時に「Xmasはプレゼントをもらうことではない」というお話もしました。そして、Xmasのお話を振り返り内容を考えてみながら、子どもたちが担うキャストについてもお話し、思い出し、自分の考えるお役を担うことへと繋げていきました。ある日、花組にお邪魔をした時に「おいわいしましょう」のお歌を歌っていました。「おいわいしましょう。おめでとう」・・・という歌詞があるので、子どもたちに、「なんで、おめでとうなの?」と尋ねてみました。すると、「あのね、イエスさまのお誕生日だから」と嬉しい返答。そして、その日のことを「Xmas」と。花組にとっては初めてのXmasページェントです。この幼稚園に入園後、お祈りを、また聖歌を通して、見えない神様を賛美してきました。素晴らしいですね。手を伸ばしても触れません。大声を上げても「はあ〜い」とお返事はありません。どんな方なの? どこにおられるの?どんなに大きいの? 男の人? どうして不思議なことがいっぱいできるの? と矢継ぎ早に質問が出てきてもおかしくないでしょう。でも、日々のお祈りと聖話を通して、信じることの素晴らしさをしっかり心に留める事ができている子ども達を褒め称えたいと思います。みんなで力を合わせて嬉しいイエスさまのお誕生をお迎えすることができるでしょう。ご両親から愛を持って愛に生きることを教わり、集団内での関わりに心を磨いてくれている子ども達。先日お邪魔したマリア カフェの方々が歌やお行儀についてお褒めくださり、「小さい時の教えって大切ですね。」と言って下さいました。そんな子ども達の清い歌声に耳を貸し、楽しみ、喜び、世界の隅々にまで愛の光が輝く素晴らしいXmasをご一緒にお迎えしましょう。皆様の愛を重ねつつ

11月:月主題『一緒に』

月目標:①豊かな秋の実りを喜び、神様に感謝する。

     ② アイディアを出し合ったり、相談し合い、イメージを共有しながら遊ぶ。

     ③ いろいろな人の働きに心を向ける。

 

 京都の三方にある山々。大文字山の如意ヶ嶽・松ヶ崎の万灯籠山など、五山の送り火で知られている山々や比叡山は、次第に色鮮やかな赤や黄色が山麓の裾模様と化してきています。温暖化と言われ始めてからは、なかなか色づきが悪くなっていたように思います。綺麗になり始めている自然の中をいっぱいお散歩に連れて行ってあげたいのに雨。もう少し我慢して綺麗な落ち葉の頃に行きましょう。 

 さて、11月は感謝祭。キリスト教のお祭りですが、主にアメリカとカナダでお祝いされている収穫感謝祭です。イギリスから米MA州のプリマスに移民した人々の初めての収穫を神様に感謝したことから始まり、最初は食事を頂くことより神様に感謝することが主だったとのことです。今も、プリマスへ行くとその当時を再現したスポットがあります。日本でも、今のような生活スタイルとは大きくかけ離れ、動きにくそうな服装で畑仕事や鶏の世話などがよくできたものだと思いますね。しかし、私たち町に住む者は、実際に畑仕事や、たんぼでのお米つくり、私たちの栄養になってくれている動物のお世話など、なかなか出来ることではありませんね。お店へ行くとぶどうって、栗って高いね。マグロもイクラもお高いね。じゃ、自分で収穫してごらん!と言われれば、とても無理な話ですね。こうして毎日元気に遊び、働き、命を続けさせていただけている。私たちが口にする栄養は、どれひとつとして無駄にはできないものなのです。それらにより味覚を感じ、美味しいと思えば、自ずと「ありがとう」の気持ちになれるのではないでしょうか。子ども達に好き嫌いがあっても、幼稚園なら食べてくるとよく保護者の方はおっしゃいます。だって、そこには同じように命を与えられたお友達がいるんです。同じ場で共通の話題を持ち、あるいは、それぞれの経験に基づいたお互いに理解のしあえるお話が飛び交い、「楽しい」と感じられるのですから。みんなと一緒だからです。人間って勝手である時は、みんなと一緒にいたいと思い、ある時は一人になりたいと思うのですね。動物によっては群れをなす者と、生まれて以来単独行動をするのが習性である者と。でも人間はいくら一人にと思ってもず〜〜っと一人では過ごせないのです。そこに「感謝」が生まれるのではないでしょうか。幼い時から、「一緒」という人との関係をしっかりいろいろ考えていかねばなりません。そして心を通わせなくてはなりません。大人も子どももです。心を通わすには言葉での表現、お互いを理解してイメージを持つ、お互いを受け入れることなのではないでしょうか。私たちの周りには直接・間接に触れ合う人々があります。それは一緒にいるのですね。喧嘩もすれば許しあうことも。何て素敵なことでしょう。「感謝祭」にはまずいろんな人々との触れ合いを思いながら祈りを共にしたいと思います。