読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

4月 <月主題>出会う

<月目標>

 ・祈りを通して神様と出会う。

 ・保育者に温かく受け入れられ、安心して過ごす。

 ・保育者と保護者が信頼関係を築く。

 

ご入園・ご進級おめでとうございます。奇麗な桜花の満開で迎えた2017年度。

子ども達44人(+pre-pre6人)とそのご家族、そして教職員10名で、今年はどんな色で聖マリア幼稚園のキャンバスが彩られていくのでしょうか。子ども達との毎日の生活はドキドキする事はあっても、基本、楽しいものでなければなりませんね。また、それぞれの保護者の方々が、この園に大切なお子さんをお預けくださったことへの感謝を申し上げるとともに、私たちは日々子ども達と関わり、それぞれのお子さんの大切な個を見逃さずに、様々な経験を積み重ねて成長していただけるように心したいと考えています。入園までのそれぞれの育ちの環境を把握し、ご両親から、さらにはご先祖様から受け継がれた大切な「いのち」の伝授を傷つけることなく、神様から授かった無償の「愛」を、賜物を、そして一人として同じではない宝物を大切にさせていただくということです。私たちに与えられたかけがえのないものを、心も体も磨き育み、一人一人を見つめて行けるように努力を重ねて参りたいと思っています。この1年を通して、園での様々な願いがあります。当園の幼児教育を通して「こんなお子さんになって欲しいなあ」と。しかし、それは、それぞれのご家庭のお考えの上に立ち、子どもさんの「今」を大切にしなければならないことだと思っています。まずは、この場がお子さんの、また保護者の方々の「居場所」となり、「安心して過ごせる場」でなければならないでしょう。私たちにはその責任があります。そして、そこには、神様がおられることを知ること。お祈りを通して子ども達も保護者の方々にも神様を感じていただくこと。これは、この聖マリア幼稚園に与えられた大切なお恵みだと思います。見えない神様からのお恵みを幼児教育の中に生かさねばなりません。まずは「おはようございます」のご挨拶を交わすことで、心を通わせお互いを受け入れる信頼関係を築いていきたいと思っています。そこに大切な人が在ることを意識して。この一年も、当園の理念、方針にご理解賜り、ご協力の程よろしくお願い申し上げます。